思春期ニキビと大人ニキビの違いって何?

10代〜20代前半に出来るニキビが「思春期ニキビ」
20代後半以降に出来るニキビが「大人ニキビ」です。

 

どちらも共通しているのが、睡眠不足やストレス。

 

「思春期ニキビ」はおでこや鼻に出来やすい。

成長段階であるため皮脂(皮脂腺から分泌される脂肪)の過剰分泌が原因。成長ホルモンが活発に分泌られる年代なので。

 

「大人ニキビ」はあごや口周りに出来やすい。

吹き出物なんていわれるものもこの大人ニキビで、不規則な生活、飲酒や喫煙、ホルモンバランスの乱れから肌のターンオーバー(代謝)の周期がくるい、古くなった角質(皮膚バリア機能)が溜まってしまい毛穴が詰まることが原因です。お肌の乾燥も良くありません。

思春期ニキビと大人ニキビの見分け方は?

思春期ニキビは皮脂分泌が多いところに出来やすく大人ニキビは乾燥しやすいところに出来やすいです。

 

思春期ニキビはTゾーン(おでこから鼻)

 

大人ニキビはUゾーン(あご周りや口元)

 

といわれてますが・・・

 

思春期ニキビと大人ニキビの見分け方はにきびが出来ている場所、年代で判断出来るかといえば、当てはまらない場合もありますよね。

顔以外のニキビ

顔以外にも背中ニキビで悩んでる人も多くです。

 

背中も鼻やおでこと同じくらい皮脂腺が多くニキビが出来やすい場所です。背中ニキビには背中ニキビ専用のクリームがおすすめです。